【小学校】どうしたら、勉強が好きになるでしょうか?

小低学年生の保護者に、「どうしたら、勉強することが好きになるでしょうか?」と聞かれることがあります。

まず、「勉強」ということばはやっかいな言葉です。「勉めることを強いる」と書きいます。努めるは、困難に耐えて努力する、励むことを意味し、それを周りから強いられるのが、「勉強」のようです。漢字で見ると、「力」や「弓」と強い印象の文字が入っていて、見た目にも心にも重~く感じます。私は、大人になった今でも「勉強」という言葉が好きではありません。私でもそうですから、「勉強しなさい。」と耳だこができるほど言われているお子さんには、勉強=つらいことのイメージがますます強くなってしまうことでしょう。

さて、勉強(学ぶこと)が好きなお子さんは、勉強を勉強と思っていません。「どうしたら、そうなれるか?」には、いくつかのヒントがあります。

 

まず、「できた、できない」で、こどもを褒めたり叱ったりするのをやめましょう。「できないことはダメなことなんだ、だったらやりたくない。」勉強を後ろ向きに考えてしまう子供がます。学び始めた小1~3くらいでは、一生懸命がんばっている過程を褒めてあげてください。そして、がんばっている過程が結果(できた)につながることを体感していくことが大切です。

FAX 03-5212-9259

    10:00~20:00(月~金)

      10:00~18:00(土)

  

  ・時間割

  ・授業料など、詳しい資料を

   お送りします

アクセス

東京都千代田区富士見2-12-17-2F

さくらテラスとなり

JR飯田橋駅徒歩2分