【小・算数】絵を描いて文章題を解く方法(1)


先週、算数の文章題が苦手な場合、時間がかかっても、一文ずつ、何を言っ
ているのかを、いっしょに絵やメモを書きながら、自分で文章を理解してい
けるように促したいという話をしました。

しかし、文章題を理解するために絵を描くのであって、絵を描くことが目的

になってしまうのはよくないです。


「文章題を解く力をつけるために絵を描いてみよう。」という取り組み方が
流行っていると聞いたことがあります。たぶん、その元になったと思われる
本を10年以上前に読んだことがあります。

文章題をわかりやすく絵やメモを描きながら理解して解きましょうというの
は、昔からあるごくごく一般的な方法です。それがもてはやされたのは、
絵やメモを書くことすら、全くしていないご家庭が多かったのかもしれませ
んし、わらをもつかむ思いで試してみようと思われる方も多かったのかも
しれません。

さて、絵を描くことで、文章題を解くことに親しみを持ち、文章を理解できる
ようになるということはいいことです。

ただし、いつまでも、細かに楽しく「絵」を描くことが目的になってしまって
はいけません。この「思い思いの絵を描いて解いてみよう」の方法で解く
練習をしているのですけれど・・というプリントを見せてもらったことが
あります。絵を描くことが好きなお子さんだったので、絵を描くことに
はまったのか? 算数ではなくて、図工の時間のように細部にわたって
きれいな絵を描き、問題文に関係ないものも書き足して、
もはや絵を描くことが目的のようになってしまっていました。
「楽しそうに取り組んでいるので、いいのだろう。」と取り組ませていました
と聞きました。小2のお子さんでした。

 (続く)

FAX 03-5212-9259

    10:00~20:00(月~金)

      10:00~18:00(土)

  

  ・時間割

  ・授業料など、詳しい資料を

   お送りします

アクセス

東京都千代田区富士見2-12-17-2F

さくらテラスとなり

JR飯田橋駅徒歩2分