【中学生】理社~まとめノート

平素から授業ノートをきれいに取れる中学生は、ノートコピーに暗記ペンで線をひき、そのまま、暗記用のまとめノートにすることもできます。筆記用具によっては、暗記ペンでコピーをうまく隠せない場合もありますが、自分なりの工夫で、まとめノート作成になるべく時間をかけない方法を模索してみるのもよいでしょう。要は、はじめからすばらしい完璧なまとめノートを作ろうとはせずに、定期テストのたびに、使いやすいように改変していけばよいのです。

私が中学生のころは、暗記ペンはありませんでしたし、コピーもふんだんに使える環境ではありませんでした。まとめノートは、大学ノートを縦2つに折り、左に問題または□つきの文章をかき、右側に解答を書くというものを作り、答えを下敷きで隠しながら、テストのための暗記をしていました。一問一答の問題に対しては、現在でも有効な方法だと思います。

さて、中高一貫校の理社テストは記述式問題も多いことでしょう。知識の暗記を進めた後は、定期試験対策の総仕上げとして、自分で記述式問題を作ってみるとよいです。授業をしっかり聞いていれば、先生が力を入れて説明したところはわかりますので、「なぜ?」を問う問題は、比較的簡単に作ることができます。自分で問題を作り記述解答を書くことで、覚えた知識を矛盾なく再整理することができますし、論理的な文章を書く練習にもなります。作った記述式問題を友達と交換して解きあうことができたら、さらによい定期テスト対策になることでしょう。 

 

FAX 03-5212-9259

    10:00~20:00(月~金)

      10:00~18:00(土)

  

  ・時間割

  ・授業料など、詳しい資料を

   お送りします

アクセス

東京都千代田区富士見2-12-17-2F

さくらテラスとなり

JR飯田橋駅徒歩2分