なかなか身につかない単位変換


重さ、距離、かさなどの学習は、小1から少しずつ学習していきますが、
学年があがるにつれて新しい単位が増えてきますので、前学年の学習内容を
身につけていないと、どんどん苦手になってしまう単元のひとつです。

単位の学習には、定規、はかり、ますなどに触れながら実体験で感覚を
身につけるのが一番なのですがこの一手間を飛ばしているご家庭が
とても多いです。
立派なアナログの料理ばかりがあるのに私が聞くまで戸棚の奥にしまったまま
のご家庭もありました。出していただいて私が指導に使いましたところ、
生徒さんはとても張り切って単位の学習をしていました。

さて、実体験を十分した上で単位の感覚が身についても、プリントで繰り返し
演習しないと、単位変換を確実にできるようにはなりません。

単位変換を間違いやすい生徒さんには、以下のように補助線を引いてから
単位変換をするように指導しています。

 

あわてていきなり答えはかかないで、小さな単位を大きな単位に変換する時は
3つずつ「|」で区切ってから、単位変換をする。

重さ、kgの右に|      距離、kgの右に|  

かさ、Lの右に|      長さ、km、mの右に|

 

大きな単位を小さな単位に変換する時は、問題の数字の下に答えを一度
メモ書きしてから、答えを写すと間違えにくいです。
テストでもしっかり
実践できる生徒さんは、だんだんとケアレスミスが少なくなります。

 

 

FAX 03-5212-9259

    10:00~20:00(月~金)

      10:00~18:00(土)

  

  ・時間割

  ・授業料など、詳しい資料を

   お送りします

アクセス

東京都千代田区富士見2-12-17-2F

さくらテラスとなり

JR飯田橋駅徒歩2分