中等部


 英語

授業で使う「NEW TREASURE」は分量が多いうえに、難易度も高いため、消化不良になりやすいです。各プログラム毎の小テスト(単語10・英訳・和訳)や前後期・中間期末テストで高得点を狙うためには、授業の予習・復習を継続する必要があります。

成績は英語A・英語Bの合計での評価ですが定期テスト・小テスト・平常点(授業参加・態度・提出物・忘れ物)が加味されます。

定期テストや休み明け試験(夏・冬・春期)は休むと再受験出来ない為長期休み明けは体調管理が大切です。

英検4級-中1 3級-中2 準2級-中3までに取得が目標ですがtoeic bridge(12月)を一斉受験します。

 

数学

 

授業は代数と幾何にわかれ中3前期までに中学数学の範囲は終わります。

学校の授業では配布プリントや「新中学問題集 発展編」「新Aクラス中学数学問題集」

「A級中学数学問題集」を使っていますが、定期テストでは問題集からの出題が8割となっています。授業についていけないという場合は、「新中学問題集 標準編」「代数の先生」「幾何の先生」やその他教材を用いて基礎固めを行っていきます。自宅学習としての問題集ノートの提出が定期テスト毎に求められます。

 

定期テスト対策

 

早実クラブでは定期テスト対策として過去問も参考にテスト範囲を徹底して対策を行います。

 

後期の中間テストは運動会やいなほ祭など行事の関係で11月末~12月上旬に行われる為出題範囲が広く点数に大きな差がつきやすくなります。

1学期で成績が不本意だった方は挽回のチャンスですのであきらめずにコツコツと対策いたしましょう。

 

テスト対策は複数教科必要ですので1回の指導時間内に複数教科の対策をさせて頂きます。

また授業ノートの提出が毎回のテストのタイミングで求められます。ノートが取れていない生徒にはノート作成のやり方から指導致します。

 

進級に向けて

 

中等部では、10段階評価のうち、平均評定が5.5未満または4以下のものが4教科以上ある場合、進級できないシステムとなっています。また、中3前期の評定平均が6未満で、学力試験で成績が不振の場合は他の高校への受験指導がなされます。そうならないためにも、日ごろの勉強の積み重ねと早めのテスト対策をお勧めします。

 

 授業料

 

 90分/月4回      

 29,000円~(税抜) 

 ※指導日が月5回になる月は、1回分を月謝にプラスさせて頂きます。           

 

 

<教材について>

学校と同じ教材・もしくは市販されていない教材を別途ご希望の方には実費にてご用意いたします。(一般では入手できない英語教材なども購入できますが、高額なものではありません。)学校用と自宅用に二冊あると効率的な学習ができます。

 

 

 

早稲田実業 中等部を受験する方はこちら

高等部


英語

 

高等部の定期テストでは、教科書からの出題が中心となります。授業内容が理解できていれば解ける問題となっていますので、日々の授業の予習・復習がテスト勉強に直結します。

理科・社会

 

理科・社会については独自のカリキュラムで授業が進むため、通常の塾では対策が難しいです。特に理科は物理・化学・生物・地学の4科目を扱う全国でも珍しいカリキュラムのため、大変負担が大きいです。とりわけ地学はレベルが高く、大学で扱う分野の授業が行われるため定期テストには念入りな対策が必要になります。個々のカリキュラムに対応できる家庭教師で定期テスト対策を行い、進級・進学に繋げましょう。

 

進級・進学に向けて

 

高1から高校入学組と混合で、早稲田大学への進学を前提に学力向上を図ります。早稲田大学の教員による授業開講もあり、授業のレベルがどんどん高くなってくるため、日々の学習の積み重ねが大事になってきます。

高2より理・文系にコースが選択となります。将来の学部進学を見越しての選択となります。

早稲田大学への推薦は、高1~高3までの成績(600点満点)と学力試験(300点)で決まります。

 

高3の春・秋に行われる2回の学力テストの比重が大きく重要となります。

学力テストの文系選択の国語・古文 理系選択の数学は大学入試並みの難易度です。

早実クラブの学力テスト直前対策講座では過去問を分析して出題傾向になれさせ、得点UPにつなげます。

 

学部選択は成績順となりますので、人気のある政経・商・法・国教・社学・理工 学部に入るためには、上位の成績を維持することが必要となります。

日ごろからコンスタントに勉強を行い、成績や学習状況について不安な点がある場合は早めに対策を行うことをお勧めします。

 

 

授業料

 90分/月4回

  35,000円~(税抜)

 

 ※指導日が月5回になる月は、1回分を月謝にプラスさせていただきます。

 

 

 

<教材について>

学校と同じ教材・もしくは市販されていない教材を別途ご希望の方には実費にてご用意いたします。(一般では入手できない英語教材なども購入できますが、高額なものではありません。)学校用と自宅用に二冊あると効率的な学習ができます。

 

 

 

 

早稲田実業 高等部を受験される方はこちら

FAX 03-5212-9259

    10:00~20:00(月~金)

      10:00~18:00(土)

  

  ・時間割

  ・授業料など、詳しい資料を

   お送りします

アクセス

東京都千代田区富士見2-12-17-2F

さくらテラスとなり

JR飯田橋駅徒歩2分