早実クラブ 初等部


早稲田実業学校初等部では、近年低学年の間から宿題の量が増え、小テストの回数も増えてきました。また、以前は全員が中等部へ進学できたのですが、基準を越えなければ進学できないシステムとなりました。


小5から共通テストが始まりますが、中学受験の基礎レベルが出題されるため、小学校1年生から家庭教師をつけて、きちんと学校以外での学習対策をとられているご家庭は非常に多く、高学年になるほど増えていきます。
 
 また学習塾の場合、塾と学校の勉強では進度も内容も違うので、日々の負担がかなり大きくなってしまいます。「学校の授業以外に、もっと学習時間を設けたい」という安易な考えで学習塾へ通うのは避けたほうがいいでしょう。


 理想的なのは、学校のカリキュラムに合わせ、毎日の予習・復習をしていく中で応用力を培っていくことです。月々の単元テストで点数を取っていく事が大切です。
  
早稲田実業初等部から中等部へ進学するためには、小6の6月に実施される学力テスト(国語・算数・理科・社会)の受験が必要です。

この学力テストは中等部の先生が作成し、中等部の校舎で実施されます。そのため、入試のような緊張感のある雰囲気の中で受験することとなります。

 

算数は平均点が4割に満たない中学受験の範囲からの出題ですので初等部の授業だけの勉強では不足し、相応の準備が必要です。

国語は長文が大問で2題出題されるので時間不足で最後まで出来ないケースも多くみられます。

 

早実クラブでは学力テストに向けて模擬テストを行い時間配分や解答欄への記入の仕方、問題文に線を引くなどこまめな対応でテスト対策を行います。

 

中等部進学に向けて 

5年生で行う共通テストでは平均点のみで順位の発表は有りません。6年生の学力テストで初めて順位がわかりますが下位25%もしくは150/300点を下回ると指導があるようです。初等部のうちに基本的な学習の理解や学習習慣をつけておきませんと中等部進学後はもっと厳しい現実が待ち受けています。

 

中等部では初等部とは比べものにならないほどの自立が求められます。コンビニ立ち寄りなどの自由が認められる反面、学習面でも自己責任での対応が必要となります。毎年中等部で苦戦するのは初等部時代にこの力が不足していた方々です。

 

中等部進学の後、頑張れば大丈夫といった甘い考えは危険です。中等部の授業は進度が早く難度も高いので追いつく速さより授業の方が速いのでその差はますます広がるばかりです。外部生は難関を突破してきた優秀ぞろいですので彼らと肩を並べるにはしっかりとした日頃の学習が必要です。初等部で平均レベルのお子さんは中等部にあがると240人中180番以下に相当します。充実した中等部での生活を迎えるためにも初等部のうちに基本的な学習習慣を身に付けておきましょう。

 

塾では教材の勉強は出来ますが暗記、計算ミスを無くす、読書、記述など基本的な学習姿勢を身に付ける事は出来ません。

早実に詳しい先生の手ほどきで早めの対応をお勧めいたします。

             

授業料

  

   90分/月4回    

 26,000円~(税抜)     

※指導日が月5回になる月は、1回分を月謝にプラスさせていただきます。

 

<教材について>

     学校と同じ教材・もしくは市販されていない教材を別途ご希望の方には実費にて

     ご用意いたします。

     (一般では入手できない教材も購入できますが、高額なものではありません。)

     書き込み用として使うと、効率的な学習ができます。

 

早稲田実業 初等部を受験される方はこちら

FAX 03-5212-9259

    10:00~20:00(月~金)

      10:00~18:00(土)

  

  ・時間割

  ・授業料など、詳しい資料を

   お送りします

アクセス

東京都千代田区富士見2-12-17-2F

さくらテラスとなり

JR飯田橋駅徒歩2分